Monolith Tower

RESTAURANT CONCEPT

ライブな環境のフレンチポリネシアンを、新しいブッフェスタイルで。

南太平洋の島々を訪ね、本場ポリネシア料理の“蒸す”“焼く”手法をベースに、食材の味覚を目と舌で確かめながらオリジナルレシピを開発。フランス料理の繊細で奥深い味覚を加えることで、より一層魅力的な料理に仕上げています。
さらに、日本ではめずらしい青バナナなどを使い、現地の味も再現。これまでのブッフェスタイルを超えた、魅力的な味覚をお楽しみいただけます。

フレンチポリネシアン「バイキング」

フレンチポリネシアン・ブッフェ ネシア / 「Nesia」 FRENCH POLYNESIAN BUFFET

こだわりのサービスと特徴!

フレンチポリネシアン「バイキング」:ブッフェでありながら、オーダーできる楽しみと、目の前で眺めるライブ感を演出します。

特長1:お菓子屋さん一軒丸ごとあるような、デザートラインナップ

デザートとドリンクメニューを充実させました。デザートコーナーでは、パティシエがケーキにソースやトッピングをデコレーションするなど盛りつけのサービスも行います。
ドリンクは、フレッシュなフルーツを用意し、お好みに応じた生ジュースをその場でお作りいたします。

特長2:野菜ソムリエが仕入れ認定する食材品質

野菜とフルーツの目利きである「野菜ソムリエ」資格取得者2名が仕入れを担当。厳しい目で食材をチェックし、旬のもっともおいしいタイミングの食材をお客様にご提供していきます。

代表的なフレンチポリネシアン料理のご紹介

「ポワソンクリュー」

「ポワソンクリュー」は、生まぐろと野菜のココナッツミルクマリネです。ポワソンはフランス語で「魚」、クリュ―は「生」を意味する、タヒチの伝統料理です。
角切りにしたまぐろと、トマト、きゅうり、セロリが主な具材です。これに、ココナッツミルク味のクリーミーなドレッシングを和えて調味。

「ブーニャ」

「ブーニャ」は、鶏、青バナナ、里いも、さつまいも、かぼちゃをバナナの葉で蒸し焼きにした料理です。ニューカレドニアの伝統料理で、現地では材料にタロイモを用いていますが、日本食材の里いもやさつまいもを用いることで、同じような粘りのあるしっとりとした食感に仕上がります。

「プアシュー」

「プアシュー」は、豚ばら肉とキャベツを蒸し煮焼きにしたポリネシアの伝統料理です。
豚ばら肉は、柔らかい食感にするため下ごしらえに時間をかけ、低温の油で5時間ほど煮込んでいます。また、タイムやローズマリー、ローリエなどハーブを加えることで肉の臭みを消すとともに風味をアップさせています。

こんな料理をご提供しています!

ライブキッチンコーナー

厨房の様子が目の前で見えるオープンキッチンスタイルのコーナーです。
できたてを食する贅沢感を味わっていただけます。

ご提供メニュー例

(※内容により別途料金の場合があります。)

温製料理コーナー

蒸し焼き料理、揚げ料理、煮もの、スープ、カレー、ご飯もの、麺類などをご提供します。

ご提供メニュー例
冷製料理コーナー

前菜やサラダなどをご用意しました。シーフードは、ココナッツやアボカドなどトロピカルな食材と合わせ、新鮮な味覚にアレンジしてご提供します。

ご提供メニュー例
デザートコーナー

女性やお子様に喜んでいただけるデザートコーナーのスペースを広く取り、ケーキのほかチョコレート、マカロンなどの焼き菓子まで幅広い品目を提供。甘い香り漂うパティスリーに来たような楽しい気分を演出します。
ケーキはご自分でソースやトッピングを工夫できるほか、常駐するスタッフがお好みに応じて盛りつけをお手伝いします。フルーツは、ドラゴンフルーツやスターフルーツなどまだ輸入量の少ない品種も多くそろえ、ココナッツの実をくり抜きその内部の実をご提供するなどのサービスも行います。

ご提供メニュー例
ドリンクコーナー

「フレッシュジュースカウンター」では、野菜の生搾りジュースを楽しめます。フルーツや野菜を組み合わせたミックスジュースにも対応します。
また、フレンチポリネシア地域のトロピカルカクテルをご用意するほか、フレンチポリネシアにちなみ、ワインは、フランスワインとニュージーランドワインを中心に提供いたします。

ご提供メニュー例
キッズコーナー(キッズキッチン)

お子様向けの料理をご用意したコーナーです。ハンバーグなど人気料理を食べやすい味、量でご提供します。料理をサービスする台は通常よりも低く設計されており、小さなお子様でもご自分の手で安全に料理を取りわけることができます。

ABOUT MENU & CHEF

こだわりのメニュー開発・シェフのご紹介

メニュー開発 Menu development

「フレンチポリネシア」の魅力的なお料理をお客様にご紹介するために、調理師をはじめとして「ネシア」に関わるスタッフを現地に派遣し、食材や料理法を学ぶ研修を実施しました。
開業1年前にニューカレドニアとタヒチの一流リゾートホテルを訪ね、本場のレストランで提供される「フレンチポリネシア」料理を実際に体験。その特長的な調理法である「蒸す」「焼く」手法や、ポリネシア地域の魅力的な食材の味覚を実際に目と舌で確かめ、そこからヒントを得たレシピ開発を行いました。

シェフ About Chef

「ネシア」では、国内のレストランやホテルなどで幅広く洋食の技術を学び、またフランスの三つ星レストランで修業を行った経験豊富な料理人を料理長に起用しています。伝統の技術に基づきながら、独創的なアイデアを加味したオリジナルのレシピ開発を行っています。

菊池重憲:執行役員 スパリゾートハワイアンズ事業本部 副本部長 兼 総料理長

1973年から環太平洋航路の司厨士を担当した後、ホテルチェーンやレストランで調理師として勤務。1991年ホテルクレスト札幌のオープン時に入社し、2001年常磐興産株式会社スパリゾートハワイアンズ料飲部に移籍。2001年総料理長に就任以来、マカデミアナッツ・オイル、フォワグラ・トリュフなどの直輸入先の開発などに従事。2006年総料理長を退くが、総料理長に再度着任。オギュースト・エスコフェ・ジャパン デェシプル会員、(社)全日本司厨士協会東京本部港区幹事会員、クラブ・ガストロノミック・プロスペールモンタニエ日本支部会員。

宿泊プラン一覧